一般社団法人大分県歯科衛生士会

活動報告

大分県地域ケア会議アドバイザー強化研修会
「地域包括ケアシステムにおけるオーラルフレイル対策」

令和2年12月20日10:00~12:20大分県看護協会にて
北海道大学大学院歯学研究院 口腔健康科学分野 高齢者歯科学教室 
准教授渡邊 裕先生とZOOMによるハイブリッド講演会
大分県地域ケア会議アドバイザー強化研修
『地域包括ケアシステムにおけるオーラルフレイル対策』を開催しました。
本講演では些細な(滑舌低下、食べこぼし)口の衰えを放置すると
栄養状態から筋力の低下を招き外出が減るなどの結果、
介護が必要になる場合があるなど教えて頂きました。
口に関心を持ち予防することが健康寿命の延伸につながることを
家族や患者さんに伝えていきたいと改めて思えた研修会になりました。
 
zoom web配信による渡邊裕先生の講演
有松会長と司会担当の原副会長 感染対策を万全にして
行いました。
ソーシャルディスタンスを保った受講配置で聴講して
いただきました。

2021.01.03

大分県歯科衛生士会研修会 災害対応研修会
「コロナ禍においての災害対応ーもし今、大分県で発災したら貴方はどうしますかー」

令和2年11月22日ホルトホール大分にて、「コロナ禍においての災害対応−もし今、大分県で発災したら貴方はどうしますか−」と題し、福岡県太宰府市で開業されているおおた歯科クリニック院長太田秀人先生にご講演いただきました。
先生は、東日本大震災時に福岡県歯科医師会より派遣された経験を経て、熊本地震・九州北部豪雨においては、災害歯科コーディネーターとして歯科保健医療支援活動を行われています。講話の中で、発災時は専門職としての役割は勿論ですが、人としての対応が求められる意味について、ユーモアを交えながら熱く柔らかく語る姿勢からも、学び多い晩秋の日曜日となりました。
今回は新型コロナウイルス感染拡大を考慮した上で、会場では万全な感染対策を行い、WEB配信を同時に行う研修会の開催でした。


講師 太田 秀人先生

2020.11.29

大分県歯科衛生士会研修会(県委託事業)

令和2年2月23日(日)ホルトホール大分セミナールームにて、阿蘇きずな歯科医院我那覇生純先生と九州歯科大学歯学部口腔保健学科泉繭依先生をお迎えして「家に行こう!歯科医院に来られない患者さんをどうするの」と題した県委託事業研修会を開催いたしました。
最初、泉先生から、2025年問題と地域包括ケアシステム、口腔健康機能管理実施に必要な理論的な計画管理と介護技術と知識をお話頂きました。
続いての我那覇先生は、中島みゆき「糸」の熱唱から始まり、実際の在宅歯科医療、訪問歯科の様子などを、ユーモアを交じえながら、お話頂きました。
歯科医療は生まれる前から、亡くなられた後まで全てのライフステージに関われる仕事ですとの言葉が耳に残りました。
お2人の経験に基づいた大変わかりやすく、そして熱い講演でした。

我那覇生純先生

泉 繭依先生

2020.02.26