一般社団法人大分県歯科衛生士会

活動報告

大分県歯科衛生フォーラム2019〜歯科衛生士の明日を拓く〜

 令和元年10月6日(日)大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」において
「大分県歯科衛生フォーラム2019〜歯科衛生士の明日を拓く〜」が開催されました。
今年度は「エキスパート歯科衛生士から学ぶ私たちだからできること」を表題とし、
講師は各分野でご活躍されている4名の歯科衛生士をお招きする形式となりました。

午前中は会員の口述発表2題の後、災害対応と周術期管理の講演があり、昼食はランチョン
セミナーを実施して頂きました。午後からは小児口腔機能と歯周病の講演の後、シンポジウム
では全講師のエキスパート歯科衛生士と活発なディスカッションが行われました。今回は歯科
衛生士がメインのフォーラムということもあり、会場は終始アットホームな雰囲気に包まれて
いました。


口述発表1「ワンスプーンの経口摂取が及ぼす効果について〜生活の質を高める為の歯科衛生士の役割〜」
特別養護老人ホームいずみの園 東 久美氏

 


口述発表2「歯科受診受け入れへのトレーニングを考える〜障害者歯科の楽しさを伝えたい〜」
別府発達医療センター・大分療育センター 奈須さおり氏

 


講演1「災害時対応で歯科衛生士にもとめられるもの」
熊本県健康福祉部長寿社会局 認知症対策・地域ケア推進課 楠田美佳氏

 


講演2「周術期等口腔機能管理は、今を生きる患者をサポートする
   〜急性期病院から在宅へ繋いだ歯科衛生士の想い〜」
がん感染症センター都立駒込病院 看護部主任歯科衛生士 池上由美子氏

 


ランチョンセミナー 「ホストケアに注目したセルフケア剤の提案」        
ライオン歯科材株式会社 諸星裕夫氏


講演3「小児の摂食嚥下障害とその対応〜ハビリテーションの視点から〜」
    日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック 水上美樹氏

 


講演4「歯周病豆知識 知っている?やっている?」
    藤華歯科衛生専門学校 歯科衛生部長 麻生清子氏

  シンポジウムの様子                  記念撮影

 

2019.11.19

大分県歯科衛生フォーラム2018 ~歯科衛生士の明日を拓く〜

平成30年10月14日(日)大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」において大分県歯科衛生フォーラム2018~歯科衛生士の明日を拓く~が開催されました。
今年度のフォーラムは「21世紀のカリオロジー根面う蝕から歯を守る~いま果たすべき歯科衛生士の役割~」を表題とし、基調講演では中嶋省志先生(鶴見大学歯学部保存修復学講座 非常勤講師、日本歯科保存学会う蝕治療ガイドライン作成委員)が「フッ素の不思議教室~フッ素のう蝕予防メカニズム~」と題し、う蝕予防で応用されている“フッ素”の組成や特性を化学の授業さながらにご講演いただきました。
教育講演では荒川浩久先生(神奈川歯科大学・神奈川歯科大学短期大学部 特任教授、日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会)が「根面う蝕への挑戦~フッ化物を積極応用する口腔ケア~」と題し、高齢者の残存歯数の増加に伴い、問題となっている根面う蝕による歯の喪失を予防するフッ化物応用をご講演いただきました。
ランチョンセミナーでは協賛いただいたライオン歯科材株式会社の諸星裕夫氏(ライオン歯科材株式会社 統括部 製品マネジメント室長)より、「Check-Up誕生秘話と現在」と題した歯磨剤の歴史や製品の応用方法のご紹介がありました。
シンポジウムでは会場からのフッ化物に関する質問について討議し、明日からの臨床に役立つ内容でした。
また口述発表も3 題あり日々の臨床の成果をご報告いただきました。
フッ化物は幼児期だけでなく、全ライフステージを通して積極応用する必要性を学ぶことができたまさに「カリオロジー」の一日となりました。

中嶋省志 先生
鶴見大学歯学部保存修復学講座
日本歯科保存学会う蝕治療ガイドライン作成委員

荒川浩久 先生
神奈川歯科大学・神奈川歯科大学短期大学部 特任教授 
日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会

諸星裕夫 先生
ライオン歯科材株式会社 統括部 製品マネジメント室長

戸高勝之 先生
戸高歯科医院 院長

隅田好美 先生
大分大学大学院福祉社会科学研究科 教授

菊池紀恵さん

岩尾佳美さん

2018.10.14

大分県歯科衛生フォーラム ~歯科衛生士の明日を拓く~ 10月1日(日)

「もっと歯科衛生士の仕事がすきになる10.1~歯周基本治療で歯周病とたたかう~」をテーマに、大分県歯科衛生フォーラムが開催されました。
基調講演に、にしだわたる糖尿病内科 院長 西田亙先生による「歯科衛生士の偉大さは炎症消退にあり」~内科医から見た口腔炎症の恐ろしさ~、まきの歯科医院 院長 牧野明先生からは教育講演として「質の高い歯周基本治療の威力と意義」というテーマでご講演いただきました。
また、有松会長によるIFDH受賞講演「世界で輝く歯科衛生士との出会い」~イタリア フィレンツェ報告~の発表もあり、参加者は終始熱心に耳を傾けていました。
会員の口述発表は「歯科衛生士による自立・退院支援の取り組み」(久保奈奈さん)と「在宅患者に対するSNSを用いた医療介護連携の検討」(清田恵子さん)のタイムリーな2題の発表がありました。

にしだわたる糖尿病内科 院長
西田亙先生

まきの歯科医院 院長
牧野明先生

独立行政法人国立病院機構 西別府病院 院長
後藤一也先生

医療法人 鶴岡クリニック歯科・口腔外科
森崎重規先生

口述発表の
久保奈奈さんと清田恵子さん

 

2017.10.01