一般社団法人大分県歯科衛生士会

活動報告

大分県歯科衛生士会研修会
「摂食に関する口腔機能の発達と口腔感覚について〜障害のある方へのサポートを中心に〜」

 令和3年8月8日ホルトホールにて「摂食に関する口腔機能の発達と口腔感覚について~障害のある方へのサポートを中心に~」と題し、九州歯科大学 生体機能学講座 老年障害者歯科学 久保田 潤平 先生の研修会が開催されました。久保田先生は会場にお見えになる予定でしたが、全国的な感染者急増の現状により、急遽Web配信での講演に切り替わりました。先生も慣れていらして、スムーズに進行されました。摂食嚥下の基礎から口腔感覚について解りやすく、また、上手に食べるための要素を評価してどう支援に繋げていけばいいのを教えて頂きました。今回は、参加人数も多く、質疑応答では、会場・ZOOM・チャット上でとたくさんの質問が出て、研修会も時代に合わせて変化していることを感じました。早くこの状況が落ち着き、改めて久保田先生を交えて多職種での意見交換が行われる機会が訪れることを願っています。

講師  久保田潤平 先生

2021.08.21

大分県歯科衛生士会 リフレッシュコース研修会
「コロナ禍での集団幼児検診の工夫ー安心して検診を受けていただくためにー」

  令和373日ホルトホール大分にて「コロナ禍での集団幼児健診の工夫

安心して健診を受けていただくためにー」

と題し、大分中央保健センターで   嘱託歯科衛生士して母子歯科保健事業に従事している 

三宅悦子氏からの講話がありました。

コロナ禍の中、感染対策を行いながら受診される方、従事者が共に安心と安全に健診を受けら

れるような工夫を披露頂きました。

  また、大分県歯科衛生士会、会長有松ひとみ氏より健診の現状のお話もありました。

途中、オンラインの不具合等のトラブルもありましたが、具体的な情報発信と意見交換

ができる場となりました。

1日でも早く、通常の健診に戻ることを願うばかりです。

今回は新型コロナウイルス感染拡大を考慮した上で、会場では万全な感染対策を行い

WEB配信を同時に行う研修会の開催でした。

講師  三宅悦子氏

2021.07.11

大分県歯科衛生士会研修会 リフレッシュコース研修会
「コミュニケーションは技術ですー技術を磨いて円滑なコミュニケーションをー」

  令和3年6月20日(日)ホルトホールにてリフレッシュ研修がリモートと同時開催で行われました。

“ファニーフェイス”代表の山村美穂子先生を招いて行われた研修テーマは「コミュニケーションは技術」。

受講団体に合わせた研修を得意とされているだけあり、医療現場のトラブルやその対策まで全てが具体的で、

頷きっぱなしの研修となりました。

  研修の柱は「まずは自分の機嫌を整える」ことの必要性。自分の許容範囲を安定させ、人との「普通」

をすり合わせることで機嫌が整い、初めてコミュニケーションが取れる、ということ。頂いた沢山のヒントを

心にとめ、マスクの下でも口角をしっかり上げて患者さんやスタッフと向き合っていこうと、全員が前向き

になる貴重な研修となりました。

 

講師 山村美穂子先生

2021.07.11

アドバイザー強化研修会

  2月28日(日曜日)13時より、(株)ライフリー代表取締役・大分県作業療協会の佐藤孝臣副会長より「地域包括ケアの時代において歯科衛生士に期待すること―他職種の視点からー」のご講演がありました。

終始、歯科衛生士の専門性に大きな期待を感じる有意義な研修会でした。厚生労働省の調査データにおいて、「口腔機能向上加算」が始まったばかりの平成17年度は1%台でしたが、平成30年度には12.2%に増加となり、数字での見える化は更にモチベーションアップとなりました。また、介護職員の離職の問題は切実な課題ですが、計画的な口腔ケアを行うことの困難さはもとより、生活を支えるご苦労を実感した時間でもありました。

休憩を挟んで15時30分からは、山形県・奈良県・高知県歯科衛生士会の会長から「各県のおける地域ケア会議の取り組み」をご紹介頂きました。アドバイザーとしての歯科衛生士の育成等、大分県も含めて各県が抱えている問題点は共通しており、オンラインの利点を活かした報告会となりました。それぞれの地域特性に合わせた内容に感銘を受け、大分県も負けないように、県民の健康寿命延伸に貢献していきたいと思っております。

ハイブリッド研修会でしたが、回を重ねていくことで、主催側も参加者も少しずつ慣れてきたように感じました。

講師 佐藤孝臣氏

山形県歯科衛生士会会長

奈良県歯科衛生士会会長

高知県歯科衛生士会会長

 

 

 

 

 

2021.03.14

大分県地域ケア会議アドバイザー強化研修会
「地域包括ケアシステムにおけるオーラルフレイル対策」

令和2年12月20日10:00~12:20大分県看護協会にて
北海道大学大学院歯学研究院 口腔健康科学分野 高齢者歯科学教室 
准教授渡邊 裕先生とZOOMによるハイブリッド講演会
大分県地域ケア会議アドバイザー強化研修
『地域包括ケアシステムにおけるオーラルフレイル対策』を開催しました。
本講演では些細な(滑舌低下、食べこぼし)口の衰えを放置すると
栄養状態から筋力の低下を招き外出が減るなどの結果、
介護が必要になる場合があるなど教えて頂きました。
口に関心を持ち予防することが健康寿命の延伸につながることを
家族や患者さんに伝えていきたいと改めて思えた研修会になりました。
 
zoom web配信による渡邊裕先生の講演
有松会長と司会担当の原副会長 感染対策を万全にして
行いました。
ソーシャルディスタンスを保った受講配置で聴講して
いただきました。

2021.01.03